薄毛の治療と言われると頭皮にクリームを塗りこむイメージがあると思います。クリームを塗っている所をもし家族に見られたりしたら、両者いたたまれない気持ちになりそうです…。ですが、今は薄毛をプロペシアという飲み薬で直せる時代になっていました!

塗り薬でなく飲み薬!その名もプロペシア

プロペシアはAGA治療に効果が認められ、日本でも厚生労働省に認可された医薬品です。ドラッグストアなどで販売される育毛剤は、頭皮に塗ることで有効成分が皮膚から浸透して髪の毛を成長させるものですが、プロペシアは錠剤となっていて「飲む発毛剤」と言われています。発毛や育毛に関わらず、病気の治療など体に作用するものは、塗り薬よりの経口薬の方が効果は高いのが通説です。プロペシアも同様に飲むことで体内に作用して、効果的な発毛が可能となっています。主要成分はフィナステリドと呼ばれるもので、本来は前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、使用者の中からAGAの症状が改善されたことを発見して転用されたのが始まりです。前立腺肥大症は男性特有の病気で、その原因は未解明ながら男性ホルモンが大きく影響していると言われています。そこで男性ホルモンに作用するフィナステリドが開発されたのですが、同じように男性ホルモンによって抜け毛が進行するAGAに効果が出ることが分かったのです。AGAは男性ホルモンの一種であるDHTによって引き起こされますが、この物質が作られるには男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結合する必要があり、プロペシアは5α還元酵素の2型の働きを阻害する作用があることから、DHTの生成を抑制することができます。最初の目的とされた前立腺肥大症の改善にも利用することができますが、現在ではAGA治療薬として主に使用されています。国内販売では0.2mgと1.0mgの2つの規格が存在し、必要量に応じて処方されますが、1日の摂取上限は1mgとされます。効果は飲んでいる間だけのため、AGAの改善が実感できるまで継続して飲み続けることが必要となっています。

やはり気になるのがプロペシアの効き目

発毛治療のガイドラインでも高い効果があるとして推奨されているのがプロペシアです。以前は回復が困難と考えられていたAGAから改善する為にも有効とされています。AGAの改善効果に関しては臨床試験でも確認されており、医学的にも効果の高さはお墨付きです。プロペシアの効果のメカニズムは特定の還元酵素を抑制することによる脱毛の防止です。還元酵素がAGAの元になっている脱毛物質を誕生させる要因になっていますが、プロペシアはその問題の物質を生成させないように予防することができますので、結果的に脱毛を抑制して発毛し易くさせられます。しかしプロペシアは万能な薬というわけでもないことを理解しておいた方が良いでしょう。まず脱毛物質を生成する要因となっている還元酵素にはI型とII型がありますが、プロペシアはII型の方を抑制してくれる薬ですのでI型による薄毛の場合ですと効き目がありません。その為、脱毛原因次第では効果が出ないことがあるのです。プロペシアは発毛効果がないという短所もあります。この薬を飲むことで発毛することもありますが、しかしそれは薬による作用ではなく、脱毛物質が抑制されたことで発毛し易くなったのが理由です。プロペシアには根本的に発毛成分が入っていませんので、あくまでも脱毛物質を抑制するという目的に使用することになります。発毛作用がない為に服用をしていても改善がされない可能性もありますが、そういった時には発毛薬を同時に使用することが推奨されています。発毛作用を持たないプロペシアの弱点を発毛薬でカバーすれば回復効果もアップしますので、特に薄毛の進行が顕著になっている時などは病院でも併せて処方されることが殆どです。

厚生労働省からも認可されているプロペシアだから安心

薄毛の男性の多くは男性型脱毛症というAGAによるものであると考えられていますが、最近では専門のクリニックで治療をすることができるようになりました。なぜ、専門の治療ができるクリニックなどが増えてきたのかというと、AGAに効果的な薬が発見されたからです。AGAに効果的な薬を服用することによって、AGAの原因となっているホルモンを抑制することができるので、髪の毛の成長を再び促すことができるようになります。中には薬を服用することに対して不安を感じる人もいるかもしれませんが、AGA治療薬の中でもプロペシアと呼ばれる薬であれば、厚生労働省という公の機関が認可している薬なので安心して服用することができます。また、プロペシアのジェネリック医薬品にフィンペシアという治療薬があります。プロペシアと同様の成分フィナステリドが含まれているので、効能や効果、作用も有効に発揮します。服用方法としては、1日に1回どの時間帯でも構わないので水かぬるま湯で服用するだけです。どのくらいの期間で効果が現れるかといったことや効果がどのくらい見られるのかといったことに関しては個人差がありますが、多くの薄毛で悩む男性がその効果を実感しています。このようにプロペシアは、公の機関にも認められた安全性の高い薬であるということがいえますが、処方の仕方に関しては注意する必要があります。特に女性はプロペシアを服用することはできませんから、女性が間違って服用しないように注意する必要があります。また、副作用に関しても、プロペシアも薬である以上、全くないというわけではありません。ですから、薬を服用する前にしっかりと医師からどのような副作用が出る恐れがあるのかということを事前に知っておくということが大事になってきます。もし、異常が見られた場合は、一旦薬の服用を中止して、医師に相談するといった対処が必要になってきます。

page top